ポイ活情報局!

各種ポイント・マイルを中心としたお得な情報を随時発信!

【忘備録】360円で購入したレターパックライトに「10円切手」を貼り忘れてポスト投函してしまった話

2019年10月1日より、消費税法が改正されました。

上記法令改正に伴い、郵便料金にも増税分が反映されました。

詳細は以下の公式サイトをご覧いただければと思います。

www.post.japanpost.jp

レターパックも10円値上げされることになりました。

郵便局で正規料金を支払い、10月1日以降にレターパックを購入される方は関係ない話なのかもしれませんが、当方はレターパックを正規料金で購入することはありません。

以前記事にもいたしましたが、基本的には「メルカリ」をはじめとしたフリマアプリで購入しております。

www.miraclekengo.com

「ドコモ系キャンペーン」が併用できるときは、実質的に半額以下で購入できる機会もございます。

というわけで、上記の記事にも記載しておりますが、「大人買い」をしたレターパックの在庫が大量に我が家に存在いたします。

あと数年は「360円」で購入したレターパックライトを利用し続けることになるでしょう。

さて、360円レターパックには「10円切手」を貼り、値上げ分を自ら調整した後、ポストに投函するタスクが発生いたします。

当方、個人事業で10月以降、このタスクを消化し、順調にレターパックを利用していたのですが、人間は「ミス」をする動物です。

机に10円切手を放置したまま、レターパックをそのままポスト投函してしまいました。

急ぎの書類ではなかったものの、大切なお客様に増税分を反映した「請求書」を同封しておりました。

幸いポスト投函後、即時にミスに気づきました。

グーグル先生にお伺いしてみたところ、やや情報が錯綜しておりました。

☆ そのまま何事もなく届けられた。

☆ 10円を後ほど支払うよう、受け取り先に葉書が届く。

(なお、受け取りを拒否することも可能。)

何事もなく届けられるのであれば、問題ないのですが、お客様に10円を支払うよう葉書が届くのであれば一大事です。

以下、当方がとった対策を時系列的に記載いたします。

深夜1時頃、誤ってポスト投函し、即時にミスに気づく

グーグル先生に対策を相談し、方針を固める。

深夜3時頃、投函したポストに行き、集配郵便局と電話番号を確認

念のための確認です。

なお、ポストには問い合わせ先も記載されておりました。

とりあえず寝る

深夜帯なので、慌ててもしょうがないので、睡眠を取ることに。

12時頃、起床、即時に集配郵便局に電話をする

問い合わせをしたところ、集配前、あるいは集配後すぐの時間帯であれば、対応可能とのことでした。

該当レターパックを郵便局のほうで探していただけることになりました。

発見次第、折り返し連絡をいただけることに。

14時頃、折り返しの連絡あり

無事、発見されたとのこと。

祝日だったのですが、ゆうゆう窓口にて10円切手を持参すれば、何事もなく郵送していただけることになりました。

19時頃、10円切手と身分証明書を持参し「ゆうゆう窓口」に行く

該当郵便局のゆうゆう窓口に「10円切手」と「身分証明書」を持参して、対応いただきました。

こんな感じで大事故を回避することができました。

当方に限らず、レターパックを「買いだめ」している方は多いと思われますので、今後も結構頻発するミスになると思われます。

ミスを事前に防ぐことが最も重要ですが、万が一、当方のようなミスをしてしまった場合、本記事がご参考になれば幸いです。