個人事業主やってます

つれづれなるままに

【イオンカード祭り!】第一ターム最終日!d払いキャンペーンと共にエントリー最終チェック推奨!

本日は2019年7月31日です。

7月がついに終わりを迎えます。

思えば7月1日、イオンカードがとんでもないキャンペーンを発表し、仕事どころではなくなり、全ての仕事を切り上げ、速攻でイオンデビットカードを申し込んだことを思い出します。

無事イオンデビットカードが届き、即時にイオンウォレットアプリをダウンロードしエントリーをいたしました。

25日を数えるように待ち、25日までに7月の仕事を片付けました。

25日になった瞬間「楽天市場」でお買い物ラッシュ!

ファンくるを利用して激安料金で飲食し、26日より北海道札幌市に移動いたしました。

札幌市は「札幌駅~すすきの」にかけて、ありとあらゆるお店がコンパクトに点在しており、東京のように新宿と池袋を電車に乗ってはしごする必要がございません。

二度とないであろう「d払い20%還元キャンペーン」×「イオンカード祭り!」のスーパーコンビネーションを存分に楽しんだ次第です。

第1タームで35万円ほど投資いたしました。

第1タームで50万円の枠を使い切る方法論もございましたが、8月25日からの第2タームにある程度の楽しみをとっておきたいところです。

第二タームでは下記のイベントが控えております。

shopping.dmkt-sp.jp

詳細の発表は8月1日になると思われますが、8月25日からの「イオンカード祭り!第二ターム」にて活用するチャンスがあるかもしれません。

札幌はイオンモールが多く、この数日間で様々な店舗に足を運びましたが、至る所で本キャンペーンの告知を大きく取り上げておりました。

今回はアメックスゴールドカードの大祭りのときと異なり、最初からキャッシュバック上限枠が設定されており、かつ一般の主婦層が多く参加していることを考慮し、途中打ち切りのような悲劇は起こらないと判断いたしました。

さて、7月最終日、最後の「d払い」×「イオンカード」のコンボを楽しむのもよろしいですが、エントリーの有無の再確認を推奨いたします。

「d払い20%還元キャンペーン」及び「イオンカード最大20%キャッシュバック」共にエントリーが必須となります。

「d払い20%還元キャンペーン」のエントリーは以下の公式サイトよりどうぞ。

dpoint.jp

イオンカードのエントリーはWEB上からは不可です。

「イオンウォレット」アプリをダウンロードし、ログイン後、エントリーしていただくことになります。

イオンウォレットアプリを開くとページ下部にキャンペーンの項目があり、開くとエントリーページが表示されると思います。

しっかりと「応募済み」になっていることをご確認ください。

毎度毎度書いておりますが、エントリー漏れでキャッシュバック対象外になると、人生を破壊するダメージを受ける可能性がございます。

再度ご確認いただくことを強く強く推奨いたします。