個人事業主やってます

つれづれなるままに

2019年の東京競馬場花火大会は7月7日本日!七夕開催!

連日記事にしております「d払い20%還元キャンペーン」ですが、5日と6日はキャンペーン後、初の「d曜日」が開催されました。

www.miraclekengo.com

キャンペーン前半戦の山場を迎えたわけですが、お買い物の調子は順調でしょうか。

本日、7月7日は「七夕」です。

連日のお買い物でお疲れの身体を癒すことも必要かもしれません。

毎年恒例の「東京競馬場花火大会」が本日2019年7月7日に開催されます。

sp.jorudan.co.jp

当方、基本的に「花火大会」は苦手です。

祭りのようなガヤガヤした雰囲気、吐き気を覚える人混み等々、デメリットを挙げるとキリがありません。

しかしJRAが主催する本花火大会に関しては、上記のようなデメリットが皆無とは申し上げませんが、大きく軽減され、快適に「花火」を楽しむことができます。

具体的には以下のとおりです。

☆ 来場者は10万人程度ですので、余裕を持って花火を楽しむことができる。

☆ 入場料なし、席料なし、資産損失の考慮は交通費・駐車場費程度でOK。

☆ 障害コースの一部を開放するため、芝生の上で寝転んで花火を見るという贅沢な時間を過ごすことができる。

☆ 基本的に競馬場内で運営している店舗のみ営利活動を行うので、JRAの厳しい審査を通過した店舗にて適正価格で商品を購入することが可能。

(当方から見ると、一部ぼったくり価格と考えられる商品が散見されますが、嫌悪感を覚えるレベルではありませんので、なんとか許容範囲内かと。)

 

本日、お時間のある方は是非東京競馬場に足を運んでみてください。

来て後悔することは、悪天候といった不確定要素を除き、後悔することはないはずです。

花火打ち上げ開始は「19時30分」となっておりますが、普段競馬場で見かけることのないような客層で埋め尽くされますので、遅くとも30分前には来場することをオススメいたします。

ベストスポットは内馬場の「障害コースの芝生」です。

寝転びながら花火を堪能するという贅沢な時間を味わうことを推奨いたします。

終了時間は「20時」となっており、最後のやけくそ花火は必見です。

その他、詳細は以下の公式サイトをご覧ください。

trc-hanabi.jp