個人事業主やってます

つれづれなるままに

「ファイナルファンタジー7リメイク」2020年3月3日発売決定!

リメイク作品ですが、半端なく注目されている「ファイナルファンタジー7リメイク」の発売日時が決定いたしました。

2020年3月3日となったようです。

楽天ブックスでは既に「予約」が開始されており、発売日にどーしても入手したい方は要予約をオススメいたします。

発売日より暫くは入手困難になる可能性も十分に考えられます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ファイナルファンタジーVII リメイク
価格:8243円(税込、送料無料) (2019/6/12時点)

楽天で購入

 

E3で新たな映像も公開されました。

公開数日で再生回数が100万回を突破しております。


FINAL FANTASY VII REMAKE for E3 2019

「7」が名作すぎたため、後のファイナルファンタジーシリーズの大半が「駄作」扱いされてしまうのかもしれません。

当方も「7」以降のファイナルファンタジーは全て「ハマる」ことができず、途中でプレイを止めてしまった作品も多々あります。

このゲームが初代プレイステーションで発売されてから今年で22年目となります。

本当に時の流れの速さを実感いたします。

発売された1997年1月、当方は中学3年生の厳寒期でした。

発売当初、プレイステーションが手元になく、高校入試の時期でもありましたので、暫くはお預け状態でした。

実際にファイナルファンタジー7を入手したのは、高校1年の年末「1997年12月」でした。

購入日は有馬記念の翌日だったのでよーく覚えております。

実際に購入したのは「ファイナルファンタジー7インターナショナル版」でした。

プレイステーション本体購入後「初めて購入したソフト」であり、ゲームで「初めて号泣したソフト」でもありました。

1997年~1998年にかけての年末年始、高校生活最初の冬休みはこのゲームをプレイした記憶しかございません。

寝食を忘れ、ハマりにハマった本当に素晴らしいゲームでした。

ファイナルファンタジー7で人生に影響を受けた世代も30代後半~40代になっております。

23年目のリメイクになるわけですが、おっさん世代は現代の映像技術で蘇る「ファイナルファンタジー7」をプレイせざるを得ないと思われます。

また現代の未来ある若者世代、10代~20代の世代は「ファイナルファンタジー7」を未プレイの方も多いかと思います。

ストーリー等、前提知識にない方は、全く未知の状態でプレイしていただくことをお勧めいたします。

独特の世界観が広がるゲームです。

この特殊な感動はプレイして初めて実感できるかと思われます。

というわけでして、様々な世代が手に取るであろうゲームになると思います。

リメイク版の評価は発売後でなければ分かりませんが、メガヒットは間違いないかと思われます。

現状、予約は「ハピタス」を経由して「楽天ブックス」で行うことをオススメいたします。

直接ご購入いただくより、お得に購入できますので、是非ご利用ください。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス