個人事業主やってます

つれづれなるままに

2019年令和最初の日本ダービーの簡単な見解と予想

明日は年に一度の「ダービーデー」です。

JRAの競馬開催はクライマックスを迎えることになります。

出走馬等の詳細はJRA公式サイトをご覧ください。

www.jra.go.jp

ダービーを予想するにあたって、最も参考になるのは先週のオークスの結果です。

同じ距離、同じ3歳馬同士のレースです。

当然、レース傾向も必然的に似たものになります。

今年は特に非常に参考になる結果となりました。

「瓜二つの血統配合を持つ二頭」が1着、2着となったからです。

一着のラヴスオンリーユーはディープインパクト産駒で、母系がストームキャット×ミスタープロスペクターの配合でした。

二着のカレンブーケドールはディープインパクト産駒で、母系がストームキャット系×ミスタープロスペクター系の配合でした。

上記の結果より、確実な答えを導くことができます。

現在、東京競馬場は猛烈な「トラックバイアス」が発生しております。

馬場は「超・超高速馬場」となっており、例年以上の暴力的なスピードが要求されております。

今週から伝統の「Cコース」に変更され、さらに馬場が高速化するこは必至です。

超・超高速馬場に対応できる「暴力的なトップスピードを繰り出せる馬」を徹底的に狙っていきたいと思います。

まずはサートゥルナーリアの評価から!

正直、ここまで圧倒的な支持を集めるとは思いませんでした。

1.8倍程度の一番人気になると思っていたのですが、世間の評価は当方の評価を大幅に上回っているようです。

当方も、世間の評価と同様で恐縮ですが、普通に走れば馬券になってくると思います。

父はミスタープロスペクター系のロードカナロアです。

ロードカナロアキングカメハメハ×ストームキャットの配合で誕生した世界的スプリンターです。

岩田康誠ジョッキーを背に、スプリンターズステークス連覇、香港スプリント連覇という「歴史的偉業」を達成し、殿堂入りした名馬です。

母系にサンデーサイレンスニジンスキーサドラーズウェルズといった歴史的名血を備える配合で底力も備えています。

そしてこの馬、数々の名馬が成し遂げられなかった「年明け初戦で皐月賞を勝つ」という「歴史的偉業」を達成済です。

ダービー狙いのローテーションに徹し、さらにパフォーマンスを上昇させることは必至です。

しかし重箱の隅を楊枝でほじくると、以下の二点が死角になると思われます。

1.兄貴「エピファネイア」及び「リオンディーズ」がスピード不足でダービー敗退

シーザリオの血統、いずれもダービーを勝てませんでした。

一般的には「気性難」を原因に挙げる見解が多いですが、当方は「スピード不足」が最大の敗因かと思っております。

サートゥルナーリアに関しては、父がロードカナロアですので、上記二頭の兄貴よりは間違いなくスピードがあります。

しかし「母系が重い血統」であることは否定できず、極限の暴力的なスピードが要求されたとき、対応できるか否かは未知の部分です。

2.ジョッキーがダービー初騎乗かつ乗り替わりという事実

鞍上は卓越した騎乗で日本人を震撼させている「ダミアン・レーン」ジョッキーです。

騎乗技術は誰もが認めるところですが、長距離レースをやや苦手としているデータもあります。

テン乗りはさすがに「危険」と判断している方も多いはず。

果たして、どうでしょうか。

個人的な願望を述べると「外枠」を引いていただければ、考えようによっては軽視することも可能でした。

「6番」という絶好枠を引いたことは「持っている」証拠かもしれません。

サートゥルナーリアの評価は改めて「全レース」を振り返っていただき、最終判断をされることを推奨いたします。


サートゥルナーリア全4走

ヴェロックスVSダノンキングリー

ヴェロックスが皐月賞2着、ダノンキングリーが皐月賞3着です。

皐月賞の上位三頭が抜けて強く、その中でも皐月賞馬サートゥルナーリアが一つ抜けているというのが世間様の評価です。

当方も概ね世間様の評価と同意見です。

それでは「ヴェロックス」と「ダノンキングリー」の評価に論点を移します。

上記二頭につきましては「皐月賞の見解」で考察した過去がございます。

下記に過去記事を貼りつけておきます。

www.miraclekengo.com

「スピードの持続性」を重視し、ヴェロックスを対抗評価、一方でダノンキングリーの評価は下げました。

皐月賞で要求される「スピードの持続性」を掘り下げて書くと、4コーナーから捲り気味に上がっていき、スタミナがなくなって脚が上がる馬を置き去りにし、最後まで平均以上のスピードを持続させる能力です。

一方、ダービーは「超・超高速馬場」の府中で行われます。

今回要求されるのは「脱落戦となるスピードの持続性」ではなく「暴力的なトップスピードを繰り出し、他馬を一瞬で置き去りにする能力」です。

このような「超・超高速馬場」では、基本的にスタミナは要求されず、瞬時にトップスピードを繰り出し、他馬を突き放すことができるか否か、が最大の武器になります。

先行してトップスピードを繰り出し、一瞬で他馬を置き去りにすれば、そのまま惰性でゴールになだれ込むことができるのです。

上記の法則を血統論に当てはめると、今回要求される能力は「ナスルーラ系」が得意とする「平均以上のスピードの持続性」ではなく、ストームキャットに代表される米国ダート血統が得意とする「暴力的なスピード」なのです。

当方が皐月賞でヴェロックスを高評価した理由は「ナスルーラ系」の塊のような走りを披露していたためです。

小倉での新馬戦圧勝劇、トップスピードが足りず敗退した野路菊ステークス東京スポーツ杯、パワーで押し切った若葉ステークスナスルーラ系の良さを前面に出した皐月賞と繋がっていきます。


小倉5R 2歳新馬 ヴェロックス 2018/08/05


ヴェロックス ダービー2019検討 近3走レース動画

今回要求される能力はヴェロックスが不得意とするであろう「暴力的なトップスピード」です。

枠番も不運の13番を引き当てました。

能力の高さは認めますが、かなり厳しい戦いになると予想しております。

一方、ダノンキングリーにとって、現在の府中は最高の舞台です。

先週オークスでワンツーとなった「ディープインパクト×ストームキャット」の黄金配合です。

母系にミスタープロスペクターの血は入っておりませんが、灰色の亡霊「ネイティヴダンサー」の血を持っております。

府中でオークス二着馬カレンブーケドールをデビュー戦で負かし、最優秀二歳馬アドマイヤマーズをスピードで圧倒した実績もございます。


競馬 日本ダービー2019参考 ダノンキングリー 全レース

皐月賞よりは確実にパフォーマンスを上げてくることは必至です。

血統、実績共にダービー最有力候補と判断することができます。

最後にジョッキーですが、超高速馬場になった府中で先行させる技術は現役トップクラスの戸崎圭太騎手です。

戸崎騎手のダービー制覇の条件が完全に揃った感があります。

今のところ、当方の本命は「ダノンキングリー」一択という見解です。

猛烈なトラックバイアスが発生しているので「荒れる」可能性も十分!

何度も指摘しておりますが、東京競馬場は猛烈なトラックバイアスが発生しております。

本日はレベルが低いレースが多かったですが、内枠を引き、かつ先行しなければ全く勝負にならないレースばかりでした。

ダービーは猛烈にレースレベルが上がりますので、条件戦の傾向をそのまま当てはめることはできないのですが、この「異常馬場」を最大限に利用しない手はありません。

今年は1月から3月の競馬が「パワー勝負」になったレースが多く、穴馬候補も数頭に絞ることができます。

まずは京都新聞杯の上位二頭レッドジェニアルとロジャーバローズ!

ダービートライアルではございませんが、ダービーと相性のよい京都新聞杯の上位馬には注意を払うべきです。


2019 京都新聞杯 レッドジェニアル

京都新聞杯も「超高速馬場」で行われるレースで、ダービーと直結性があるのは必然かと思います。

特に「後方から差して勝った馬」は大きく評価すべきです。

京都2200メートルは非常に先行馬に有利なコース形態となっており、高速馬場であればその傾向も強まります。

かつて歴史的名牝ブエナビスタが人気薄の先行馬二頭を捕らえることができなかったコースでもあります。


2009 エリザベス女王杯 クィーンスプマンテ

というわけでして、4コーナー9番手から豪快に差し切ったレッドジェニアルは素直に評価すべきです。

血統的にも父系、母系共にミスタープロスペクターを持っております。

二着のロジャーバローズに関しては絶好枠「1番」を引き当てました。

リオンリオンの出方もございますが、浜中ジョッキー、間違いなくハイペースで逃げ・あるいは先行の大博打に出るでしょう。

この馬が1番枠を引いたことで「ハイペース」のお膳立ても整いました。

府中のトラックバイアスを考慮すれば、注意すべき一頭です。

青葉賞の上位二頭リオンリオンとランフォザローゼス!

珍しく道悪馬場で青葉賞が行われたのですが、上位二頭も穴馬として魅力を備えております。


【競馬】19・4・27 第26回 テレビ東京杯青葉賞<ダービーTR>(GⅡ/東京・芝2400m ラジオ実況版)

リオンリオンは正直、スピード不足かと思うのですが、若手ジョッキーの玉砕的な「先行策」に賭ける手段もあります。

猛烈なトラックバイアスは勿論、ダービーは逃げ、先行馬がしばしば人気薄で馬券になるので、単勝40倍であれば、買ってみる価値はあります。

複勝を握りしめて熱くなる楽しみ方もあるでしょう。

ランフォザローゼスは馬場に泣かされ二着でしたので、今回は確実にパフォーマンスを上げてくるでしょう。

父系がミスタープロスペクター系で母系がサンデーサイレンス系です。

この馬も正直スピードが足りない可能性がございますが、単勝26倍前後ですので、ギリギリ買える期待値を持っていると思います。

結局、ダノンキングリーとサートゥルナーリアの一騎討ちになるのかな

穴馬を数頭推奨いたしましたが、ダノンキングリーとサートゥルナーリアが抜けているダービーかと思います。

年に一度のダービー前日があと数分で終わろうとしております。

まもなく令和最初のダービーデーが始まります!

西門付近では、府中本町駅まで「徹夜組」の皆さんが長蛇の列で陣取っておりました。

徹夜組の皆さんをはじめ、興奮のあまり眠れない方々も多いと思います。

明日の最高気温予想は「33度」です。

ダービーは年に一度のお祭りです!

灼熱のダービーデーを全力で楽しみましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Winning Post 9 Nintendo Switch版
価格:8553円(税込、送料無料) (2019/5/25時点)

楽天で購入