個人事業主やってます

つれづれなるままに

安田記念の見解を書いてみる

ダービーも無事終了いたしました。

さて、安田記念です。

安田記念は、当方が最も好きな古馬G1レースです。

夏の府中超高速馬場で施行される超スピードレースです。

馬券的にも非サンデーサイレンス系が好走でき、旨味も十分です。

 

このレースのポイントは以下の通りです。

1,200メートルのスプリント戦として予想しよう!

サンデーサイレンスの直仔がいた頃、本当に美味しいレースだったことを思い出します。

サンデーサイレンス産駒が悉く壊滅し、ナスルーラ系やノーザンダンサー系が上位を独占したことも珍しくありません。

ここ数年、春から夏にかけての府中芝高速化が著しく、ダートのような競馬になることもしばしば。

先週のダービーは、まさにダートのような競馬になり、近年の超高速化した芝レースを象徴するようなレースでした。

6月に入り、本日土曜日のレースを観戦しましたが、傾向は変わらず、2,000メートル以下のレースは、スピードの持続性が大きく要求されております。

上記を踏まえ、今年の安田記念の有力馬を俯瞰してみましょう。

 

まずはリアルスティール

2年前の安田記念大惨敗が指摘されておりますが、良馬場とはいえ、朝に土砂降りとなった特殊馬場で施行されたことを忘れてはいけません。

ペースもスローになり、思いのほか消耗戦となった特殊安田記念でした。

昨年の勝馬サトノアラジンと非常に似ている血統構成、母系のストームキャット×ミスタープロスペクターは高速馬場の申し子。

今回は「追える」岩田ジョッキーに乗り替わる点も大きな魅力です。

 

レッドファルクスは、昨年の当方安田記念本命馬。

前が詰まり、非常に不利な競馬をしながらも3着確保。

当レースの適正は証明済で、スムーズに捌ければ昨年より上の着順も狙えるはず。

 

スワーヴリチャードは、父系がスピード不足の可能性がある点がやや不安。

母系はバリバリのアメリカン血統ですので、個人的には対応可と考えています。

しかし、父系がやはり不安ですので、本命は危険かと。

 

ジョッキーで怖いのはアエロリットです。

戸崎ジョッキー、超高速化した現在の府中の乗り方を掴んだ感じです。

ダービーでは間違いなく一番上手く乗りました。

持続力を活かしきれば、面白い存在かと。

 

当レースは、サンデーサイレンスの血を持っていない馬を狙うのも一考です。

キャンベルジュニア、ブラックムーンあたりは単勝複勝購入のみでも面白い存在かと。

モズアスコットは、ルメールジョッキーの人気薄、といった理由でも狙えますね。

 

個人的には、スピードの絶対値及び持続性を重視して馬券を購入する予定ですが、安田記念は様々なファクターから予想ができ、本命党、穴党問わず楽しむことができるG1レースです。

本日は大いに楽しみましょう。