個人事業主やってます

つれづれなるままに

日本ダービーの見解を書いてみる

本日は、年に一度のダービーデーということで、ダービーの予想を書いてみたいと思います。

本年は良馬場で行われるようで、まずは一安心ですね。

ヴィクトリアマイルのような悲劇になることはなさそうです(笑)

 

ダービー予想の最大のポイントは、個人的には以下の通りです。

2,400メートルを走ることは事実であるが、スタミナは府中マイルを走ることができれば十分、スタミナよりもスピードを重視せよ!

今週からBコースからCコースに変更されます。

土曜日の競馬を見る限り、例年通りの高速馬場+前残り馬場になった印象です。

ダービー好走馬は、後々安田記念でも好走するように、「スタミナ」よりも「スピード」重視のスタンスが妥当です。

イメージ的には、府中マイルG1として予想するのが肝です。

 

そして、もう一つこのレースは重要な格言があります。

内枠を引くことができた、最も幸運な馬を買え!

「最も運のある馬が勝つ」

昭和の時代よりダービー馬になるための格言があります。

上記格言は、平成の時代になり「内枠」を引き当てるという「幸運」を掴んだ馬が勝つという意味合いになったような気がします。

このレース、BコースからCコースの変化に加え、春の府中の超高速化が拍車をかけ、近年は圧倒的に内枠有利となっております。

つまり内枠を引き、高速馬場に対応できるスピードを持ち、コーナー4つを上手く立ち回れる馬を購入すれば的中することができます。

 

さて、それでは本年の出走馬の具体的な考察を行います。

 

まずはダノンプレミアムです。

ここまで上記要件にすんなり当てはまる馬も珍しいと感じています。

センスあるスタートダッシュ、マイルを先行できるスピード、抜群の反応力等、個人的には死角はそれほど見当たりません。

1番人気ですが、先週のアーモンドアイほどの人気ではなく、軸にしても大丈夫かなと思います。

 

皐月賞出走馬が、ダービーで3着内を全て外すことは競馬常識的に考えづらいところです。

ダノンプレミアムを軸にした場合、相手は絞りたいとこですが、今年はここが難しいと思います。

というのも、皐月賞好走馬が揃って外枠に入りました。

9番のオウケンムーンは脚が遅すぎるので、議論する意味もなく論外、タイムフライヤーとキタノコマンドールは、現在の高速馬場に対応できるか疑問ですが、枠順はよいので「幸運皐月賞組」ということで相手に選択するのもありかと。

皐月賞組で最も上位に拾いたかったのはステルヴィオだったのですが、さすがに外枠すぎる印象です。

なぜか人気がないので、そこそこ旨味はありますが…。